イースター、ティグレ

川辺に建てられたタイニーなお家 ガラスですっぽり覆われている。 これはアルゼンチンの歴史に名をのこすサルミエント氏の別荘。 博物館の一部となっている。 水上バスで行くとき、このガラスのテントがキラキラ輝きがいい目印になる。 昨日はイースター休暇、聖木曜日、 みんなでツレのカバーニャを訪問。 遅ればせながら誕生日のお祝いも兼ねて、 昼、リゾートのダイニングキッチンをお借りしてのアサド、 南米風BBQパーティーを盛大に行う。 イースター週は肉食を控えるのがクリスチャンの習慣。 みんな元気で戒律破り!(ハハハ・・)元気で何より。感謝。 水位が下がっている。 中サイズでも支流の奥を行くのにギリギリ! 増水の時もひどいけど低いのも困るか、、 ああ、デルタの暮しは決して楽じゃない。 夕暮れ時、川のほとりにカップルがちらほらと、、、、。 これ以上なしというほど飲み食い。 仕事の関係(休日出勤)で暗くなる前おいとまする。 イースターチョコエッグをもらったわい。 ゆるゆるとほぼ満月はのぼりたり、、、、、。

文句ばかり夫

なぜこうも文句ばかりなのだろうか。

出かけることになり、車トランク開けだして

「おい!片付けろ!」
「おい!サンダルで行くのか!バカが!」
「おい!ゴミ拾え!」
「おい!飲み物持て!用意しろ!」

テメーもなにかやれよ!何様だよ。

昨日、ゴルフ家計から15000円也。

ふざけんな。

度重なる失言で辞任に追い込まれた桜田氏、寄せ集め内閣の限界

就任時から失言が懸念されていた桜田元五輪大臣ですが、「やっぱり」失言で辞任することになりました。さすがに「被災地より候補者が大事」と言ってしまってはアウトですね。指摘されていた通り、「寄せ集め内閣の限界」ですね。いわゆる「大臣待機組」という「条件的には大臣になってもおかしくないが、能力的に不安が大きい人材」を多用しているのが今の安倍独裁政権。つまり、「爆弾を抱えて火事場をうろついているに等しい」状態ですから、「何が起こってもおかしくない」というのが実情なのです。もっとも、「選挙がなければ辞任しなかったのでは?」というのが大方の見方。辞任ドミノも「選挙に悪影響があるから切られた」のは一目瞭然だからです。

F35

あいつら最新機が落ちたら
「信頼度が低い機体かった政府クソ」
って言うくせに
旧機体が落ちたら
「こんな旧装備まだ配備してる政府クソ」
って言うよな